最近、日本国内でも「Suica」や「ICOCA」などのICカードが利用できるお店が増えていますよね。駅の改札はもちろんのことコンビニやスーパーでも非常に普及しています。

ポーランドを訪れる際に気になるのが、どのようにして現金を管理するかということです。「できるだけ大きな現金は持ち歩きたくない」、「ポーランドズロチに両替しても帰国時に中途半端に余ったらどうしよう…」など何かと心配があると思います。

結論から言うと、ポーランドでは正直現金がなくても生活していけるほどクレジットカードが使えるお店が非常に多いです。少なくとも筆者が住んでいる首都ワルシャワではそうです。まず、街中にあるコンビニのようなお店やスーパーマーケット、キオスクなどのお店でもほぼ100パーセントと言っていいほどクレジットカード(デビットカード含む)が利用できます。
一度アメリカに訪れた際、50円などの少額の買い物にはクレジットカードでは支払えないと言うことがありましたが、ポーランドでは経験上一度もありません。
あと、海外に住む際に必要になるスマートフォンでも、プリペイドSIMカードの追加チャージなどはキオスク、スーパー、各銀行のATM、バス内の券売機でカードで支払いが可能です。
お酒を楽しむバーなども基本的にクレジットカードで支払いができるので、日常生活をするなら現金がなくても全く困ることがないのがポーランドです。

ただし、一点確実ではないのが八百屋のようなストリート沿いにある小さなお店です。個人的に八百屋のようなお店で買い物をしたことがないので、クレジットカードが使えるかどうか定かではありません。

ちなみに、公共交通機関の切符も現金でもカードでも券売機から購入できて、必要ならICカードを発行してチャージするというやり方もあります。基本的には、バス車内などにもカードが利用できる券売機はありますが、メトロやトラムなどにはないことが多く、最近ドライバーから直接購入することができなくなったようなので、事前に購入しておくことをお勧めします。

ポーランドは、日本よりもカード社会なので、万が一のために少量の現金を財布に入れておけばカードだけで生活ができます。基本的に、「VISA」か「Master」のカードがあればどこでも使えますが、JCBはあまり見かけません。その二つの中でもVISAはどこでも使えますね。

ポーランドに来る際、できるならVISA対応のクレジットカードかデビットカードを一枚用意しておくと便利でしょう。

ライター:Kohei@ポーランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ