フランスに来て、一番変わってしまったことは、人間関係でした。日本のすべてをリセットしてしまい、誰も現地に友達がいない所から、スタートしました。外国に出たこともなかった私は、フランスの生活に慣れるのにものすごく長い時間がかり、どう生きていけばいいのか分からず、葛藤が続きました。
フランスに来た当初は、社会との関係もなくなってしまったというショックと、自信喪失が続きました。現地の日本の方とも長く続くような関係を築けませんでした。
語学学校でも、自分の人生で接点のなかった様々な国の人たちとの文化の違いや、全くフランス語が出来ないという人生で初めてのクラス一番の落ちこぼれになりました。その中で、劣等感に悩み、自分は、自尊心が低く、人と自分を比べてしまい、引越しもあったからなのですが、長く続くような人間関係を作ることが出来ませんでした。
日本では友達がいない状態でも、自分の世界感があったので、寂しいという気持ちはありませんでした。ところが、友達がいないと、どこに行く場所もない、人生の学びは何もない、夫との話題もなくなりました。多少、夫の知り合いの友達や学生と、軽いお付き合いはありましたが、本当に長く仲良く出来る友達がいませんでした。

それでも、友達を作りたければ、人の中に勇気を持って出て行かなければいけないと、何かの本の一節を思い出し、自分から行動しました。
最初は、同じ地区に住んでいる全く接点のなかったHPの日本人の方に勇気を出してメールを出してみました。ところが、不思議なことに、その人のおかげで、現地の日本人会のフランス人、日本人それぞれの素敵な人たちと出会うことが出来ました。近所にも、本当に信頼出来るお友達が出来ました。
初めて、日本人会に行った日は、とても不安でした。ところが、勇気を出して行ってみた所、部屋に入った時に、不思議なのですが、とても温かい雰囲気に包まれた感じで、そこで初めて出会った人たちは、みんな笑顔で優しく、初めての私でも温かく迎えてくれました。
そこで、いろいろお話した所、自分一人で悩んでいたことも、たくさんの人の話に素直に耳を傾けたら、別な視点から、物事を考えられるようになり、自分の世界観が変わりました。何よりも人は、一人では生きてはいけない。人を大切にしなければいけないということを深く学びました。
海外では、人生のどん底に落ることも多くあるのですが、そういう時こそ、人生を学ぶ時なのだと前向きに明るく笑顔で、改善の努力しようと心に決めて、恐れないで、人の輪に自分から入っていきましょう。
類は友を呼ぶで、自分の人生に必要な出会いがあります。フランス語や英語が出来れば、もっと幅広い出会いが可能になるでしよう。

ライター:Miyabi@フランス

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ