さていきなりですが、ニュージーランドといえば何を思い浮かべますか?大抵の人はこう答えるでしょう。ニュージーランドと言えばそう、羊ですよね!
その通り、ニュージーランドには人口の7倍もの羊がいて世界で最も、人口一人当たりの羊の数が多い国なのです。そのため、郊外をドライブしているとかなりの頻度で羊の群れを見ることができます。

筆者は、正直に言うとラム肉は野生の味が強く最初は苦手だったのですが、こちらで食べたラム肉はその独特の野生の生臭さが無く、少しくせのあるジューシーで柔らかい美味しいお肉という印象に変わりました。ちなみにスーパーマーケットでもお馴染みの牛、豚、鶏に並び定番のお肉として堂々とスーパーに並んでおります。

友人のお宅でご馳走になった時は、ローズマリーなどのハーブで焼いたもの、ターメリックなどでカレー風味に味付けして焼かれたものなどがありむしろこのラム肉のくせを生かしたとても美味しい料理に仕上がっていました。ラム肉は牛や豚肉と比べ脂肪分が少なく、太りにくいので女性の方にもぴったりなお肉です。

また、マオリ族の伝統料理である「Hangi(ハンギ)」も滞在中に一回は食べてみたい料理の一つです。これは、温泉などの地熱を利用し、地面に穴を掘ってその中に鶏肉やマトンなどの肉、野菜などをたくさん入れて蒸し焼きにすると言った豪快で大胆な料理法なのです。味付けはほとんどしないのですが、石焼き芋と同じ原理でじっくりと熱を通すため、素材の美味しさが引き出されていてとても美味しいのです。

この、ハンギはマオリ族の文化を体験するツアーやディナーショーで食べることができます。筆者も、オークランドから3時間ほど南下してドライブした所にある、ロトルアという温泉地を訪ねた時に参加しました。(土ボタルで有名なワイトモ洞窟や、あの有名なホビット村もこの付近にあります。)マオリ族の文化と食を一度に経験できるのでおすすめです。
ツアー概要はこちらTamaki Maori Village

いかがでしたか? 日本では、近代的でオシャレで美味しい料理で溢れかえっていますよね。どのお店も、味や見栄えなどをとても工夫を凝らしていてついつい写真を撮ってしまいます。今回ご紹介した料理の写真は残念ながらありません。それは、大自然でとてもお腹が空いていたのもあり、写真を撮る暇もなく黙々と食べていたからです。見た目も確かにオシャレではないかもしれません。ただ、本当のグルメとはなんなのかを考えさせられる経験でもありました。
是非ニュージーランドで大自然のグルメをご堪能ください!

ライター:Mii@NZ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ