これまで多くのポーランドに関する記事を書いてきましたが、毎回感じるのは私が「とにかくポーランドが好き」ということです。
ワーホリも始まり、ポーランドは日本人にとってどんどん身近になっていますが、西欧諸国に比べるとまだまだです。

歴史的背景や国民性など日本人はポーランドと多くの共通点があります。今回は、日本人にポーランドをオススメする理由を3つ厳選しました。

  1. 治安の良さ
    「海外に行くと治安が不安」という方は多いでしょう。日本のように安全性の高い場所はそう多くはありません。しかも、最近ではヨーロッパでテロの脅威があり、さらに気をつけなければいけません。

当然、どこに行くのも100%安全とは言い切れません。日本でも同じことですね。ただ、ヨーロッパのテロの脅威に関していうと、今のところポーランドは「安全」とされています。
ポーランドでは、スリなどはあるものの、普段から安心して外出できる非常に治安のいい国です。首都のワルシャワはとても綺麗で、道端のゴミも非常に少ないのが私の印象です。
外国に行くなら、安心して観光や勉強のできる場所がいいですよね。

2. 物価の安さ
ポーランドの物価は日本の約3分の1程度と言われています。りんご1kgは80円くらいで買えますし、パンも10円〜くらいの世界です。

ドイツを基準に西に行けば行くほど物価が高くなる傾向があり、ポーランドはちょうどその境目です。物価が安い方がいろんなところに行けるし、いろんな食べ物を堪能できます。

3. アクセス面
ご存知の方も多いと思いますが、2016年の1月から東京ーワルシャワ間の直行便が始まりました。ポーランド航空の「LOT」という飛行機です。

それまでポーランドに行くには、中東や他のヨーロッパ諸国などで乗り換えが必要だったため何かと面倒でした。長時間のフライトは時差ぼけなどいろいろと疲れが溜まるものです。直通便の恩恵は、特に観光などの短期滞在の人にあるでしょうか。フライトで疲労が溜まり、せっかくの観光を満喫できず帰国なんてこともあるでしょう。
成田空港から週3便出ています。このおかげでポーランドに訪れる日本人の数もかなり上昇しているようです。ワルシャワにいても多くの日本人観光客を見かけました。ポーランドが大好きな私にとって、多くの日本人の方がポーランドに訪れるのは非常に嬉しいことです。

紹介した他にもたくさんありますが、今回はこんな感じです。
ぜひ、ワーホリをはじめ、観光や留学など、ポーランドを選択肢に入れてみてください。

ライター:Kohei@ポーランド

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ