一年間以上海外で生活するとなったらいったい荷物は何を持っていくべきで、何がいらないのか?というのは、判断がなかなか難しいものです。

私は、スロバキアに向かう途中のオーストリアで、衣類を半分以上捨てました。バックパックで移動しているので重さに耐えかねてのことでしたが、長期の旅行を頻繁にするようになった今、荷物は減らせるだけ減らすべきである、というのはより自明なこととなってきました。そして、衣類よりももっと手に入りにくいもの(インスタントの日本食など…)を持っていくべきだと考えるようになりました。

しかし、何が売られていて何が売られていないのかは、実際に行ってみないとわかりません。なので最低限必要そうなTシャツや脱着可能な上着、気に入っているオシャレな服などは持って行けば良いと思いますが、どれも1〜2枚で十分だと思います。
着るものをたくさん持っていかないほうがいい理由として、食生活が変わって体型が変わる可能性も大いにありますし、思っている以上に欲しいものは何でも手に入りやすいということがあります。

ブラチスラヴァにもショッピングモールはあります。服屋さんも豊富に入っており、日本と大差ない品揃えで値段も日本より少し安いくらいです。しかしユニクロや無印はスロバキアにはありません。コンパクトに折りたたんで携帯できるダウンジャケットや枕、スリッパなど、便利グッズに関しては日本で買ってきてしまったほうが良いです。100円ショップもないので、お箸やヘアゴムなどといった小物も日本から持参するのがおすすめです。また文房具も日本のような質のものは少なく、ボールペンやノートの書味が最悪でげんなりしたこともありましたので、こちらも持参することをおすすめします。

ブランド物がほしい場合には、イタリアやフランスへ行くと安く手に入るそうですが、ショッピングを楽しみすぎて、一年の終わりに荷物がえらいことになり、日本に送るとなると送料もばかにならないし捨てる、、、なんてことにならないよう衝動買いには注意しましょう。

ライター:かわにし@スロバキア

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ