image1デンマーク語でクリスマスは、Julといいます。もちろんデンマーク人にとってこのJulは大イベント。

Julefrokost, Julefestなどなどイベントは街のあちこちでいっぱいです。クリスマスマーケットでは、デコレーション用の小物がたくさん売られていて、どれも欲しくなってしまいます。
グリュックと呼ばれるホットワインやエープレスキーバーと呼ばれるピンポン球のようなホットケーキっぽいもの、アーモンドの砂糖菓子など、この時期ならではのものがいっぱい。

クリスマスの伝統は、ほとんど昔と変わることなく、デンマークらしさが引き継がれているんだと思います。私が一番素敵だなと思うのは、クリスマスは必ずだれでも家族と過ごすということ。母親の実家だったり、父親の実家だったり、兄弟の家だったり、自分たちの家に家族を招いたりと、持ち回りでクリスマスイブを過ごします。
image3プレゼントを銘々に買うのが面倒とぼやきながらも、暗くて寒い冬の授記に買い物をするのが楽しかったり、遠くまで行かなければいけないと思っても、普段なかなか会えない家族と会えるのがうれしかったりと、クリスマスイヴの過ごし方は、世代が変わっても同じなんです。そして、イブの夜、食事が終わるとどこの家庭でもするのが、クリスマスツリーを囲んでみんなで手をつなぎ、クリスマスソングを歌いながら歩くのです。日本のクリスマスイブの過ごし方とはずいぶん違います。

そして、クリスマスまでにあちこちで聞くJulefrokost。これはいわゆる忘年会みたいなものかなあ。。。 普段は仕事が終わって同僚と飲みに行くなんてことのないデンマークですが、この時期は、家族よりも友人たちや同僚たちと楽しい時間を過ごします。伝統的なJulefrokostは、黒パンに いろんな種類のニシンの酢漬けやをしナップスと一緒に食べるのから始まり、ミニハンバーグやフレスケスタイ、ハムなどの肉料理を赤キャベツの煮たのや普通のキャベツのシチューなどと一緒にジャガイモと食べ、ビールを片手にワイワイと。滅多に食べない黒パンですが、デンマーク暮らしが長くなってきた今、この時期にニシンと黒パン、そしてしナップスがないとクリスマスが来ない気がします。。。
そして、やっぱり欠かせないのがTivoli。クリスマス一色に変身した園内はたくさんのニッセが楽しませてくれます。
デンマークのクリスマスは、デンマーク文化に触れる一番のチャンスですね。
素敵なクリスマスをお過ごしください。

ライター:nao@でんまーく

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ