PB235458物価が安いんじゃないか?と思われがちなニュージーランドですが実はそんなことはありません。笑(もしかしたらオーストラリアよりも高いかも!?)
今回は買い物時の節約術をメインにご紹介します。

それではまず、買い物の前に基本的なおさらいをしましょう。
・ 最初はだいたいの物の値段を見て物価を把握するために買った物のメモや写真を撮る。何度か繰り返すうちに、その日の安い物が分かってきて買い物が上手になります。メモはスマホのメモ機能が便利です。
・ お腹が空いている時は買い物しない。これは買い物前の前提条件!
・ 会計時はカードを使う。端数が切り捨てられるので、カードの方が長い目を見てお得なのです。(塵も積もれば山となる、です。)

これらを踏まえた上で、スーパーへGO!
さて、野菜や生鮮食品の値段を見るとかなりお高め。そんなときに役立つアイテムがこちら。

・ パスタ(1ドル以下)、トマトやツナ缶などの缶詰(大体1ドル以下です。牡蠣の薫製の缶詰もおすすめ) 食パン(こちらもだいたい20枚程で1.5ドルくらいで安い! ナッツバー(朝食にもおやつにもなる優れもの。セールで2.5ドル〜から。) シリアル類(大容量な物はかなり持ちます。)
・ シャンプーやソープなどはセール時に半額近くになります。なので、筆者は薬局よりスーパーでシャンプーやソープなどを買います。(ブランドのこだわりが無い人にはおすすめ)
・ ボディソープより石鹸が長持ちします。靴下などのちょっとした洗濯なども石鹸で出来るので、筆者はかなり重宝しています。

ちなみにこれらの物はスーパーの自社ブランドなので、かなり安いのです。(イオンだとでいうトップバリューのようなもの)Countdown だとHome Brandという商品で売っています。

また、節約生活をしていてもたまには一杯やりたいなあ♪ そんなときには、Happy Hour を有効活用しましょう! お店によって時間帯や価格が異なりますが、アルコール類の割引を行う時間帯なので、通常よりだいぶ安く飲めます。お店の前の看板にその日のHappy Hourのインフォメーションが書いてあるので、Let’s check it out!!!

ライター:Mii@NZ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ