P6164773さて、海外に出て必要となるのが携帯電話。筆者も最初はどこのキャリアが良いのか、そもそもどうやって手続きをしたら良いかなどチンプンカンプンで未知の世界でした。ただ、慣れてくるとどこの国でもだいたい同じシステムなので、今回ご紹介するやり方を是非マスターしてみてください。

まずニュージーランドの携帯会社は大きく分けて三つあります。Vodafone、Telecom、2°の3社。最近Skinny Mobileという新しい携帯会社も参入してきました。
携帯電話の契約は、日本と同じでプリペイド式と月額契約の2通り。月額契約は通常1年以上の契約なので、短期留学やワーキングホリデーでの留学するほとんどの人がプリペイド携帯を使っています。ちなみに筆者は2°(2 degreesと読みます。)のSIMカードを使っていました。月額20〜30ドルくらいを毎月チャージしていました。
プリペイドと言うと、日本では一般的でないし使用料も高いイメージがありますが、ニュージーランドではもっと一般的に使われています。プリペイド用のプランもいろいろ選べ、プリペイドなのに無料通話や相手を選んでの話し放題プランなんていうのもあったりもします。通話料も月額契約とそれほど違いません。留学生だけでなく地元の人でもプリペイドを使っている人はとても多いです。というわけでSIMカードを買ってから使うまでの行程を簡単にご紹介します。

その1、自分の携帯がSIMフリーかを確認。
もしSIMフリーでは無かったら電気店などでSIMフリーの携帯を買う。(80〜120ドルで小さいスマホのようなものが便利です。)もしくはキャリアごとの安い携帯20〜30ドルくらいで売っています。
その2、好みの携帯会社でSIMを買う。
プランなどは店員に聞いてみてください。安価なのを選ぶなら断然2°をお勧めします。
その3、携帯にセット。
電話やインターネットからアクティベートする。(わからない時は店員に聞きましょう。)ここの行程が筆者は最初すごく苦手でした。

流れは大体こんな感じですが、このあと毎月チャージする時は最寄りのコンビにやスーパーでチャージが出来たり、電話でチャージする方法もありますが、(この方法は最初は英語の勉強になりますが、ガイダンスが長いので若干面倒くさくなります。笑)筆者のオススメはキャリアのAPPをスマホで使うことです。これならネットが繋がっていればすぐにチャージすることが出来ます。

いかがでしたか?とりあえず最初はSIMフリーの携帯をゲットしてみてください! それが手に入ると上記の行程ですぐにどこの国でも携帯電話が使えるようになります。

Mii@NZ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ