カナダでは2018年10月より、大麻が合法になりました。18歳以上は30gまでの所持が許されています(バンクーバーのあるBC州では19歳以上)。自宅での栽培も4株までは合法ですが、それ以上の栽培は禁止です。
しかし、大麻の他国からカナダ国内持ち込み、または国外持ち出しについては基本的に違法で、引き続き厳しい規制がされています。

カナダは2001年より、医療大麻は既に合法になっていましたが、今回は正式に嗜好としても合法になったことで日本でも大きく報道されているかと思います。そこで今回は、大麻について少し触れてみたいと思います。

カナダで大麻(マリファナ)が合法となったのには、法外な取引によるお金の流れを止めることと、闇業者が利益を手にするために未成年や子供など見境なしに売る機会を防ぐこと、そしてビジネスとして莫大な税収が見込めることなどがその理由と言われています。しかし一方で日本人として日本では重大な刑罰の対象になっているものが、カナダではオッケーな状況に在住20年になる筆者も少し戸惑います。

日本での大麻はもちろん違法。しかも、日本の大麻取締法では、日本国内はもちろんのこと、日本国籍である以上、日本国外で海外渡航中または海外在住者であってもこの麻薬取締法が適用され、違法になります。よって、留学やワーホリでカナダ滞在中であっても、日本国民である以上、日本で違法な麻薬に手を出すことは刑罰の対象になってしまいます。

実際に医療で使われる大麻はずいぶん昔から合法化されていたことともあり、日本での報道では時に、万能薬のように紹介されることもあるのですが、未成年などの若年層の使用で、大麻が脳に与えるよくない影響というのは科学的に証明されていますので、18歳以上であっても、せめて25歳くらいまでは健康な人は基本的には使わない方がいいと現地の医者は警鐘を鳴らしています。

また大麻(マリファナ)はこちらではCANNABIS(カナビス)とも呼ばれ、乾燥したものを吸引するだけでなく、cannabis edible infused foodと言われる、大麻や大麻オイルの混合されたチョコやクッキー、ガミー(日本でいうグミ)、キャンディーなどという形でも簡単に手に入ります。しかし、近々合法化されるとは言われていますが、2019年1月現在、この食べる大麻は今現在違法です。
この食べるタイプの大麻の何が怖いって、その形状!
普通のお菓子となんら変わりありません。なので、幼児や子供が誤飲・誤食して病院に担ぎ込まれるケースが後を絶ちません。また、大人でも知らずにクッキーを1枚食べてしまって、病院送りになる人も決して少なくないのです。それくらい摂取量に気をつけないといけないものなのです。
こんな事もあって、現地では知らない人にもらったお菓子、ハロウィーンで配られるお菓子などにも細心の注意を払うように警告されています。特に若年層にはいい影響はないと言われている大麻を、食べ物によって大量に体内に取り込むのは絶対によくありません。

CBD oil (カナビスオイル)と言われる液体のオイルもありますし、CBDオイル配合の肌に塗るクリームなどもあり、カナダでは生活に大麻が浸透していますが、ワーホリや留学でカナダに滞在する場合には、日本人として節度のある態度で日々臨んでほしいと思います。

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ