バンクーバーにワーホリで来たなら是非一度は足を運んでほしい場所を今回はご紹介したいと思います。

まずは、世界的に超有名なスキーリゾート、ウイスラー。
こちらはバンクーバーで2010年に開催された冬季オリンピックでも会場となりました。また、世界中からセレブがお忍びで遊びに来る観光地としても有名で、ハリウッドセレブはもちろんのこと、先日はトランプ大統領のお嬢様であるイヴァンカ・ファミリーが大量のセキュリティーを引き連れて
やって来たことでも現地では話題になりました(ちなみにバンクーバーにはトランプインターナショナル ホテルもあります。)

冬場は、ゴンドラで雲よりも高い位置の山頂まで登って降りて来るスキーやスノボはあまりにも有名ですが、実は夏も結構遊べるんです。川や湖遊びはもちろんのこと、ハイキングやトラッキング、はたまた乗馬やラフティングまで、まさにアウトドア天国。そして、スカンジナビアンリゾートという女性には夢のようなスパ施設もありますよ。

お次のオススメは、陸続きで国境越えをするアメリカ。
バンクーバーからアメリカとの国境までは空いていればわずか1時間足らず。日帰りでも十分楽しめます。日本人の場合、国境では車やバスから降りて入国審査がありますが、車での国境越えもまたいい思い出になります。国境を越えてすぐの街、ベリンハムでも買い物など楽しめますが、もう少し車を走らせれば、シアトルへ到着です。

ワシントン州のシアトルには、マイクロソフトやアマゾンの本社、スタバ一号店もあり、結構な大都市です。スタバ一号店には連日長蛇の列ができてますが、そこでしか買えないものがあり、是非一度行ってみてほしいところです。またそのスタバの並びにも美味しいもののお店がいっぱいあり、向かいは観光地としても有名なpikeplaceマーケットがあります。
さらにバンクーバーからシアトルへ行く途中には、シアトルプレミアムアウトレットという巨大なアウトレットもあり、超有名ブランドがかなりお得にお買い物できますので、行き帰りにでも是非立ち寄ってみてください。
郊外にはボーイングでの工場見学もできるので、飛行機好きにはたまりませんね。シアトルにはブルースリーのお墓もありますよ。今回の写真はカナダ、アメリカ国境です。

カナダ国内でも東側、トロントやモントリオールはバンクーバーから5〜6時間と結構な距離があり、飛行機代も決してお安くありません。が!!!お隣のアルバータ州にあるバンフやカルガリー、エドモントンは頑張れば車でも行け、これぞまさしくカナダ!といった素晴らしい絶景を楽しめます。

また、ロスやサンフランシスコ、ラスベガスといったアメリカ西海岸は時差もなく、しかも飛行機で2時間ほど。すごく近い上にカナダ国内を旅行するよりも安い金額で飛行機が飛んでいます。
日本からは遠いメキシコでも、バンクーバーからだと5時間ほど。またハワイも、バンクーバーからだと5時間ほどでいけます。

ワーホリ中には是非、日本からはなかなか行けないところへたくさん旅行に行くことをお勧めします!

yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ