留学やワーホリ中に車の運転をすることもあるかと思います。車の免許をお持ちの方は、日本を出るときには念のため国際免許証をお持ちすることをお勧めします。

バンクーバーでは比較的気軽にレンタカーができますし、カーシェアリングもかなり充実しています。自分で保持しなくても車を利用する機会には恵まれています。
こちらに永住している人でも、マイカーは持たずにカーシェアリングという方も少なくありません。
こちらがバンクーバーエリアで有名なカーシェアリングです。

https://www.evo.ca/
https://www.modo.coop/
https://www.car2go.com/CA/en/vancouver/

レンタカーも探せばありますが、こちらが結構人気なのではないでしょうか

https://www.enterprise.ca/en/car-rental/locations/canada/bc/vancouver.html
https://www.avis.com/en/locations/ca/bc/vancouver
https://www.budget.com/en/locations/ca/bc/vancouver

車を運転する上で一番注意したいのは、交通ルールの違いです。
カナダは日本と違って、右側通行の左ハンドルになります。そして特筆すべきは赤信号でも右折可能なことと、4way stopと呼ばれる信号のない交差点での渡り方です。

カナダでは車が来ていなければ、左右を十分確認した上で、赤信号でも右折ができます。赤信号での右折が禁止なところでは、表示がしてありますので、表示のないところでは基本的に可能です。これは空いている時間帯には、信号待ちしなくていいのでかなり時間の節約になります。

4 way stopは、信号のない交差点で、赤いストップサインと4wayと書かれている場合、必ず一旦停止し、その交差点に先に到達した車が先に渡るというルールがあります。
これが結構ややこしく、2台同時に別の方向から交差点に到達したり、自分が先だと思って交差点を渡ろうとすると、別の車がズルして侵入して来てあわや事故、なんてことが多々起こります。
信号をつけるまでもない小さな交差点のことが多いですが、住宅街なのではほとんどこの4way stopになっていますので、注意が必要です。

また高速道路は、無料で料金所もありませんが、サービスエリアもないため、トイレ休憩も期待できません。遠出する際には、お気をつけください。

ガソリンは基本的に各自、自分でいれることになります。最初は戸惑いますが、慣れれば簡単!どうしても自分で入れたくない人は、full serviceと書いてあるところへ行けば職員が出て来ます。
どこのガソリンスタンドにも必ずfull serviceコーナーがあります。また、ガソリンスタンドではトイレ休憩ができます。

世界中から移民が来るバンクーバーでは、時として独自のルール(要は運転ルールを守れない、またはマナーがなってない)で走っている車も少なくありません。
カナダに来たばかりの初心者ドライバーも多く、またドライバーが結構アグレッシブなことも多く、
私も一度車から降りて来たおばちゃんに自分の車から引きずり降ろされそうになり、逃げたことがあります。くれぐれも変な運転をする車には近づかないでくださいね。

最後に、カナダでは絶対的に歩行者優先です。
道路を渡ろうとしている人がいたら、必ず車の方が止まらなければ行けません。歩行者は車は止まるもの、と半ば思っているので、道路に突進して来ます。くれぐれも歩行者優先でお願いします。

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ