カナダ、と聞くと、極寒の北国、というイメージを持たれる方も多いかと思います。実際に、カナダには超極寒のところもたくさんあり、国土のほとんどが1年のうち半分以上冬の国ですが、バンクーバーのある西海岸はそれほどでもなく、びっくりするほど過ごしやすいです。
そんな広大な土地、カナダでの暑さ、寒さ対策をご紹介したいと思います。

カナダの大都市といえば、トロントやモントリオール、オタワといった大都市全て東側にあります。
これらの大都市は、都市部でありながらアメリカのNYのようにマイナス20度や30度になることもある極寒の土地でもあります。
これくらいの寒さになると、寒いというより痛いという感じで、じっと立ってることはできません。鼻毛も一瞬で凍る感じですよ。帽子、ブーツといった寒さ対策の服装が必須になります。
外の寒さに反して、家の中は快適です。常に温度は一定に保たれており、日本の暖房とは違い、24時間暖かい室内です。
冬は極寒ですが、夏はまたとっても暑くなります。しかし湿気がそれほど強くないため、日本の夏とは違い過ごしやすい夏です。日差しだけは猛烈に強いため、日焼け対策は万全に。

西海岸にあるバンクーバーは、1年を通して温暖で、冬でも大雪や極寒で困るということはあまりありません。
ただ、1年のうち半分はほとんど雨か曇り。太陽をお目にかかることができません。なのでこちらは東海岸と違って、雨対策の服装が必須になります。私自身も、1年の半分は長靴、もしくはスノーブーツ、そしてレインコートで過ごしてます。
バンクーバーも東海岸と同じように暖房設備が整っているので、冬場家の中が寒いことはありません。24時間一定の温度で非常に快適です。

また、バンクーバーの短い夏は、湿気もない上に気温もそれほど上がらず、日が長いため夜の9時ごろまで明るく、とにかく天国のような過ごしやすい夏になります。
むしろ気温が上がらない分、海水浴などといったマリンスポーツは逆に寒いですが、寒さに強いカナダ人は陽が照り出すとガンガンビーチへ行きます。
1年の半分以上、太陽が見れないので、ここぞとばかりに甲羅干しと言った感じです。
バンクーバーの都市部に至っては、蚊もほとんどおらず快適なのですが、山や川へ行った際にはやはり蚊やハエがさしますので、要注意です。またバンクーバーでも日差しが非常に強いので、日焼け対策、そして日射病対策はお忘れなく。

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ