日本は新学期が始まる春ですね。バンクーバーにもいたるところに桜があり、綺麗な花を咲かせていますよ。この時期は日本の春を思い出します。

ただ、カナダは9月が新学期。なので、3月は普通の春休みがあるだけで、新学期という雰囲気ではありません。
しかし日本と同じように、スプリングブレイクというお休みが2週間ほどあります。
新しい転機の多い4月、ワーホリや留学に来られる方も多くいるかと思います。そこで今回は、荷物の持ち込みについて書いてみたいと思います。

カナダには、実に多くの日本企業も入っており、ダイソーも無印もユニクロもあります。そして日本と同じようにアメリカンイーグルやH&Mといった世界的なブランドも普通にありますので、実はそれほど多くの荷物を持ち込むよりは、最低限の荷物で現地にて調達、もしくは住所が確定した後に日本から送ってもらう、というのが一番だと思います。

ただ、荷物は手軽が一番いいのですが、個人的にはバックパックではなく、スーツケースでこられることをオススメしています。
というのも、貴重品などを鍵付きで収納できる上、頑丈ですので、ホームステイやシェアなどで自分だけの空間ではないところで始まる生活の場合、大事なものをしまっておく場所として便利だから。

また、渡航後、住所がまだ決まっていない場合は不向きな方法ですが、何度か渡航をする方にオススメなのが、ダンボールを使う方法です。
私は毎回日本からカナダに帰国する際にはスーツケース2つと、段ボール6つで帰ってきます。大抵の航空会社は23キロまでの荷物2つまで無料なので、スーツケースの他にダンボールを使います。我が家は家族4人で荷物を8個持って帰れるので、ダンボール大活躍です。
このダンボールが、箱自体の重量がほとんどかからない上に丈夫で荷物をいっぱい入れられる、その上帰国後はそのまま捨てられるので保存しなくて済むという利点の方が多く、結構気に入っています。
またバックパックは、こちらでの小旅行に向いていますので、一つはあると便利です。

最後にお得情報。
スーツケース、バックパックともにこちらでも購入できますが、それ以外にも何か必要なものがあった時まず一番最初に行ってみるといいのが、Winnersというお店です。
こちらは生活全般(食べ物以外)のほとんどのものを、アウトレット価格で販売しています。
スーツケースなどなんでもとにかく定価よりも安く購入できます。安いものを売ってるのではなく、定価はそこそこするものが、安く売られてるので、本当にお得です。
カナダ生活で必要なものがあるときには、ぜひ一度覗いてみてくださいね。

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ