カナダは日本に比べて全てにおいて物価の高い国です(しかも税金も高い)。ワーホリでくる方にとっても生活費が高いということは死活問題。滞在する都市によっても差がありますので、予算の限られている方は出発前に滞在地をよく検討されるのが得策かと思います。

ただ、家賃など含めて全体的に生活費が安い=仕事が見つかりにくい、という傾向にはあります。

大まかな値段にはなりますが、カナダの広い国内の中、圧倒的人気を誇るバンクーバーとトロントでホームステイする場合、月平均1000ドル。そのほか、カルガリーやビクトリア、オタワやモントリオールなどでは大体900ドル前後と若干安くなります。
部屋をシェアなどする場合でもやはりバンクーバー、トロントは一番高額で家賃だけでも$600以上は掛かると思っておいて間違いありません。他の都市はホームステイと同じように少しお安くなります。
住む部屋や、ロケーションなどによって家賃はかなり変わりますが、家賃が安い=治安が悪い、不便、などになりますので、これも特に女性の方はロケーションに気を付けて部屋を借りることをお勧めします。家賃が安くても高額な交通費がかかっては意味がありません。
また、シェアにしろ、自分でレントするにしろ、部屋探しはネットですることが多く、現地のサイトKijijicraigslistなどがとても役に立ちます。
それ以外では、自分でお気に入りの地域を歩いてみて、空き部屋のサインを見つけたら直接ビルのマネージャーに申し込むという方法もあります。

ホームステイやシェアではほとんど家具付きが多いのですが、自分で借りる場合は基本的に家具は何もついてきませんので、自分で全部揃えることになります。またアパートなどでは、洗濯乾燥機が共同のところが多く、自室におくことができない場合が多いです。

住むところ探しで一つ忘れずチェックして欲しいのが、ベットバグ問題です。実は北米ではベッドバグ(南京虫)が大流行り。こちら(http://bedbugregistry.com/metro/vancouver/)はバンクーバーのサイトになりますが、事前にベッドバグに汚染されているかどうか、チェックすることができます。
一度噛まれると大変なベッドバグ。一度住み着かれると、専門の業者に駆除してもらわないといけません。そして、自分の持ち物、寝具、洋服など全て熱湯での消毒など、其れ相応の対処をしないと、いつまでたっても虫はなくなりません。意外な盲点ですが、要チェックですよ!

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ