皆さんはカナダにどんなイメージをお持ちでしょうか?
日本とは違うカナダの魅力を、ワーホリ滞在中思う存分味わってほしい、そんな気持ちを込めてカナダワーホリ中に楽しめることを少しご紹介したいと思います。(主に私の住んでいるバンクーバー、カナダ西部の情報が中心になります)。

カナダは寒い国で、ウインタースポーツが盛んですが、私の住むバンクーバーは寒いと言っても日本とあまり変わりありません。 ただ!!都市部と自然が非常に近い。なので、仕事の後、そのまますぐスキーへ行ったりと、かなりアウトドア生活を気軽に満喫できます。街中に雪はなくても、山頂へ行けば雪があります。

バンクーバーのダウンタウン中心部から、一番近いスキー場までも、30分もあれば十分行けます。また公共のバスでもすぐ行けるので、皆、スキーウェアにボードを抱えてそのままバスに乗っていたりします。
スキー場は夜も10時ごろまで開いているので、お仕事の後もすぐ行けます。スキー、スノボだけでなく、スノーシューやスノーチューブも盛んで、滑れない人も十分楽しめます。また山頂には屋外スケート場もあります。

冬場の半年間は、とにかく毎日雨か曇りで、なかなか太陽を拝むことができません。だからこそ楽しめるウインタースポーツを、暗い冬の間はぜひ楽しんてみてください。
また、NHLという本場のホッケーもカナダ滞在中はぜひ一度観戦してみたいところ。これは日本ではまず見れません!

暗い冬とは反対に、夏場は夜10時ごろまで日が沈ます、ずっと明るいので、これまた夜遅くまで外遊びが堪能できます。
山も近いのですが海も近いのがバンクーバーの一番の魅力。海の囲まれたバンクーバーでは、ビーチ遊びはもちろんのこと、カヌーやカヤック、ロングボードなどもレンタルして楽しめます。
また、ハイキングコースはいたるところにあり、山だけでなく、川沿いやレイクなどにもダウンタウン中心部からすぐですよ。
日が長いので、夜が長く、食べ歩きや飲み歩き、また外でのバーベキューなども楽しめます。公園などではバーベキューができるようにしてあるところも多々ありますよ。

カナダ滞在中、ぜひカナダならではのアウトドア天国、楽しんでみてくださいね。

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ