カナダはキャッシュレス大国。カナダ在住の筆者は、現金を使う機会よりもカードを使う機会の方が断然多いです。10ドル以上のものは、ほとんどクレジットカードで支払います。

カナダでは、クレジットカード、もしくはデビットカード(銀行のカード)を利用する人がほとんどです。
現金を持ち歩かない理由はいろいろありますが、まずは盗難予防。現金の場合、盗難にあってもほとんど帰ってくるとはありませんが、クレジットカードなら悪用されても保険がで起用されたり、即座に停止することができて安心です。

またクレジットカードと使うメリットは、カードごとに違うメリットを最大限に活用するため。
ちなみに私のカードは、使用金額に応じてキャッシュバックがあったり、また1ドルにつき1マイルもらえて航空券に変えられるマイルを貯めるため。ただただクレジットカードを使用するだけでどんどんポイントが貯まって行くので、現金で払うメリットがほぼありません。

カナダでのクレジットカードはVISAとMaster Cardがほとんど。これ以外のクレジットカードは使えないところがあるので、カナダに持ってくる際は注意が必要です。
ワーホリや留学で来られる場合は日本発行のクレジットカードを持ってくることになるかと思いますが、その際もVISAかMaster Cardだと間違い無いです。

カナダで長期滞在する場合、ほとんどの方が現地の銀行にて口座を開設することになるかと思いますが、その際に発行されるデビットカード、これがワーホリや留学生のこちらでの生活に欠かせないカードとなります。(日本発行のクレジットカードは為替の変動や海外決算の利用料がかかったりする場合があるため、日本発行のクレジットカードを日常使いにするよりデビットを使った方がお得だと思います。)

お会計の際には主にカードのマシーンにデビットカードのチップを差し込んで暗証番号を入れる、
またはチップが導入されてるカードの場合、マシーンにタップするだけで決済が終了し、どちらの場合もサインは必要ありません。
カナダの便利社会になれてしまうと、毎回帰国のたびに感じる現金至上主義の日本との差を感じますよ。

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ