1年間の海外生活、どのように服を持って行こうか迷う方も多いかと思います。気候はどうなのか?はたまた洗濯事情は?などなど気になることもいっぱい。
こちらでの洗濯事情は日本と比べると良くないので、洗濯ネットなどを持参の上、乾燥機などを使わずに部屋干しすることをお勧めします。これで服が随分長持ちします。また女性の方は特に、自分にあった下着は持って来られることを強くお勧めします。

服は基本的に最低限を持参し、現地での調達をお勧めします。と言うのも。。。。
この原稿が掲載されることには、バンクーバーにもユニクロがオープンします。
トロントには既にオープンしています。
また日本でも大人気のH&M やアメリカンイーグル、Old Navy,アバクロやホリスターといったブランド物も当然カナダでも簡単に手に入る上、アメリカへ日帰りで行けるのでアメリカでのアウトレットモールなどでも普通になんでも手に入ります。

価格的には全体的に日本の方がなんでも安い印象で、消費税なども断然日本の方がお安いのですが、大荷物抱えてカナダに来ることを考えると、現地調達の方が断然便利だと思いますよ。また、気候的にも実際こちらへ来てからの方が合ったものを揃えられますしね。
私が個人的に日本から持って来て良かったと思ったのは、洗濯用ネットと、小さいものを干す物干し、下着だけでした。

最後に、バンクーバーにはwinnersというアウトレットショップが大きなモールへ行けばあります。このwinnersが超おすすめ。アウトレットショップなのですが、ありとあらゆるブランド物がお安く手に入ります。まず買い物する際はwinnersへ行ってから、なかったら他の店で買う、というのがいちばんのおすすめです。

服をはじめ、化粧品、バッグ、靴、インテリア用品などなんでも揃っています。1番のオススメは靴です。nikeの靴など定価よりも随分お安く手に入ります。難点は、デザインとサイズが限られていること。見つけたその時に買わないと、次回に、と思ってもまずありません。数にも限りがあるようで、店舗によって置いてある商品も違います。一度ぜひ覗いてみてくださいね!

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ