カナダにワーホリで渡航後、縁あって恋に落ちることもあるかもしれません。
そこで今回はカナダの恋愛、結婚観について書いてみたいと思います。

カナダは、2005年からカナダ全土での同性間の結婚が合法化されています。公私に関わらず全ての人に同じ人権、権利が認めるということで、性的嗜好による差別を法律で禁止している州もあり、基本的に自分の好きなように生きる権利が認められています。
法的に結婚しなくても、コモンローという制度もあり、結婚せずとも一定期間同棲するだけで、結婚したのと同等の権利を与える制度もあります。

この辺の柔軟さは、住みやすさに直結していると思います。また、男性同士、女性同士のカップルで子供を持つ家族も少なくありません。
私には小学6年生になる子供がいるのですが、先日、小学校でLGBTについてという講義があり、みないろいろあるけど平等なんだよ、ということを教えていてびっくりしました。

ということで、カナダの恋愛観は日本に比べるとかなり自由だと思います。また、結婚・離婚に関しても日本よりももっと自由に、思った通りに行動している人が多いという印象です。

気になる国際恋愛ですが、なぜかカナダでは日本人女子&現地人というカップルはいっぱいいるのに、その反対の、日本人男子&現地人というカップルはほとんど見かけません。

日本人女子は、カナダでは本当にモテると思います。ただ、バンクーバーでは先日、女子留学生が
現地のカナダ人に殺害されるという事件もあったばかり。簡単に相手を信じてついていったりせずに、
本当によく見極めて恋愛のステップを踏んでいってほしいと思います。
日本では常識だったり普通だったことが、カナダでも通用するとは限りません。なのでカナダでの恋愛はちょこっと慎重に!

ライター:yuki@バンクーバー

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ