20160611-caもう夏はすぐそこまでやってきてますね! バンクーバーも今年はいつもよりも夏らしい気候の6月です。
夏!といえば旅行!
カナダでは学校の夏休みが日本よりもずいぶん長く(2ヶ月以上です)、社会人になってもきちんとお休みが取れるので、夏にバケーションを取る人が非常に多いです。そこで今回はバンクーバーからの小旅行について書いてみたいと思います。

バンクーバーからの小旅行で一番人気はやはりアメリカ旅行です。実はカナダ国内を旅行するよりも、アメリカに行った方が安いのです。

バンクーバーからシアトルまでは車でも3時間ほど。車で国境を越えるのも、陸続きならではのことで日本では経験できません。陸路での国境越えは日本人の場合、バス、車などから一旦降りて移民局のオフィサーによる入国審査を受けなければいけません。その際に指紋や顔写真、そしてI-94Wの記入&提出および入国料金($6 USD)の支払いが必要になります

サンフランシスコ、ロスなどはバンクーバーからの小旅行に人気があります。またハワイも意外に近く、気軽に行けますよ。アメリカ旅行の一つのコツとしては、一旦バスなどで国境を越えアメリカに入り、シアトルなどの空港から空路でアメリカ国内旅行をすると、ますますお得に行けます。

ところでアメリカ旅行にはESTAと言われるESTA電子渡航認証システムの申請が必要です。基本的に空路での渡航となっていますが、移民局の担当者によっては陸路の国境でもこれを求めるケースが実際にありますので、取得しておくことをお勧めします。一度の取得で2年間有効です。申請については米国大使館ESTA申請公式サイトから。

カナダ国内の旅行も夏ならではのお楽しみが満載です。冬が長く厳しいカナダでは夏が非常に短い!!その代わり夏ならではの見逃せない観光地もたくさんあります。
バンクーバーからのイチオシはお隣アルバータ州のバンフ。まさにこれぞカナダ、といった自然を満喫できます。またカナダ東側になりますが、トロントやナイアガラの滝、モントリオール、ケベックといった観光地も冬の寒さが厳しすぎるので、行くなら夏をお勧めします。

旅行の手配はネットなどで気軽にできますが、言葉の心配や利便性ではやはり日系の旅行会社が強い味方になります。
バンクーバーには、HIS、JTB、IACE、ナビツアーなどなど日系の旅行会社がいっぱい。そしてそこでは現地発着のツアー、日本へのお得航空券、日本からの家族やお友達を呼び寄せるお得航空券など、本当に様々なサービスを行っています。ぜひ一度足を運んでみてください。

遠出しなくても、バンクーバーには海も山も、自然がいっぱい。キャンプなど気軽に行けますので1〜2泊の旅行も十分に近場でも楽しめますよ。

yuki@カナダ

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ