121229_torontoNew Years Eve、つまり大晦日は、町中が盛り上がる一日。トロントは極寒の日が続きますが、みんな集まってカウントダウンを行ない、年が変わるその瞬間を祝います。今回はここトロントでの王道プランを紹介します。

始まりは友人の家に集まってのパーティー。みんなLCBOなどでお酒を買い出し、多くの場合はポッドラック形式でわいわいと盛り上がります。(LCBOとは有名なお酒専門のチェーン店。こちらではスーパーでお酒を買う事は出来ないので、酒屋さんでIDを見せてお酒を購入します。野外での飲酒は厳禁なので室内で飲むのがトロント流。また、ポッドラックとは持ち寄りパーティーのことです。多国籍国家のトロントでは、いろいろな国の料理が食べられて楽しいですよ!)

ほろ酔い気分になった所で、TTC(トロント市営交通機関)を使ってダウンタウンへ。Eaton Centreという市内最大のショッピングモールでぶらぶらした後に、すぐ横にあるCity Hallへ行きます。

City Hallでは夕方頃から地元のアーティストのライブ、トークショーなどのイベントがたくさんありますし、イルミネーションのきれいなリンクでのアイススケートをする事もできます。

夜も更けてくると会場は日本の神社のように、会場は動けないくらいのパック状態に。マイナスの世界ながら、みんなの熱気で気分が高まるので、あまり苦になりません。

そして10, 9, …とカウントダウン!カウントがゼロになったとき、友人とHappy New Year!とハグしあい、さらには知らないながらも短い時間、近くで過ごした隣人ともハグして最高に盛り上がります。

しかし寒いトロント。30分もしないうちに会場は人っ子一人残らずガラーンとした状態へ。そして翌日のお正月はお店もほぼ休みなので、町中はとても寂しい雰囲気になります。元旦は静かに家出すごすのがこちら流なんですね。

Nataly@カナダ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ