韓国ワーホリ
韓国に住んでいると、「ありえない!」と思うようなことが日常茶飯事的にありえてしまうので、韓国生活を始めて間もない時は、驚きの連続でした。(^^)
日本ではありえないけど、韓国では「あるある」な珍風景とは・・・。ごく一部ですが公開します!

①交通事故をよく見かける!
車同士がぶつかって路肩に止まっているのも、よく見かけますが、意外とタクシーやバスがぶつかったりしているのも
よく見ます。先日、朝の出勤時間に歩道を歩いていると、背後で「ドーン!」という音が。
何かなと振り返って見ると、バスが街路樹にぶつかって止まっていました。
中には普通にお客さんも何人か乗っているようでしたが、さぞかしビックリされたでしょうね☆
ケガ人などはいなかったようなので、不幸中の幸いですが。
でも、これくらいの小さめの事故は、日常茶飯事過ぎて誰も驚かないというか、通勤中の人々は誰も足を止めたり集まったりしませんでした。。。
正直、私もあまり驚きませんでした。(苦笑)
バスもタクシーも一般の自家用車も、どの車も「ブラックボックス」をつけて、ぶつかられた時の証拠確認のために
録画しています。我が家も以前、韓国で運転中にタクシーにぶつかられたことがありますが、すぐに保険会社の人を呼んで
ブラックボックスで確認してもらったことがあります。

②バスの運転手さんがフリーダム!
赤信号などの合間に運転手さんがバスをそっと降りてトイレに行ったり、タバコを一服してたりは
非常によく見ます。ウワサでは、リンゴやトマトを買い込んで戻ってくる運転手さんを見たという情報もあります。(笑)
また、最近少なくなってきましたが、今でもハンズフリーで通話しながら運転している運転手さんも見かけます。
バスがきちんと停留所に停まることもないですし、乗る意思表示をオーバーリアクション気味で伝えないと乗せてくれません。
人気の無い停留所では、速度を落とすことも無く、ドアをチラっとあけてすぐ閉めたりします。
降りるときも、降りたい停留所のアナウンスが聞こえたら、すぐに降車ボタンを押して降り口(韓国は基本的に後ろのドア)に
前もって待機するのが普通です。
バスがいきなり故障することも多いので、突然「降りて次のバスに乗り換えてください」なんて
言われることも。私は韓国で始めて「故障でレッカー移動されているバス」を見ました!
さらに、クリスマスの時期など、バスの車内も運転手さんの好きなようにデコレーションされていたりするので、
個性的なバスに出会うと、ちょっと楽しいです。(^^)

③ケンカの流れが一般化している!
だいたい韓国の知らない人同士がケンカすると・・・「本題に対して文句を言い合う」→「そのうちどちらか一方が悪口かタメ口を使う」→
「悪口を使った人に対して年齢を聞く」→「年齢の低い方が悪口を言った場合、年齢が低いくせに言葉遣いがなっていない事に対しての
言い争いに主題がスライドする」→∞(無限ループ) となります。(^^;)
言葉遣いに対してのケンカにすり替わっていくのは年功序列の国、韓国ならではかも知れません。
夜の飲み屋街などでもよく見られる光景です。

④栗は生で食べる!
韓国に来て、すごくカルチャーショックだった事の1つです。あの栗を焼いたり茹でたりせず、そのまま渋皮をむいて
ガリガリいただきます。噛むと確かにえぐみもありますが、ほんのり甘みもあって、食感も良いので意外と食べられます。
ただ、やっぱり焼くか茹でるかした方が美味しいと思いますけどね。(苦笑)

まだまだ韓国には不思議な事がいっぱいあると思います!外を歩けば珍道中だらけです。
ツッコミどころ満載の韓国、面白いですよ~!(^^)

※写真は、駅前によくあるコンテナの靴の修理屋さんに置き去りになった「バスのミラー」です。(^^;)

イロミ@韓国

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ