女性を中心に近年、急激に人気が高まっているのがワーキングホリデー。その人気を裏付けるように一番人気のオーストラリアでは日本人向けのワーキングホリデービザの発給数が昨年度1万人を突破しました(セカンドワーキングホリデーを含む)。
ワーキングホリデーの最大の魅力は滞在する国でアルバイトができること。「働く」ことと通じてその国の社会により深く触れることにより、「観光客の視点」では見ることのできない「生活者の視点」でその国を見つめることができる希少な機会と言えます。一方で、資金計画の上で現地でのアルバイトによる収入に大きく依存した旅の計画にはリスクも。ですから旅の予算計画はしっかり立てたいものです。

限られた予算を上手に使うためのポイントは「節約」。よりお得な条件を求めてネットで割安な航空券や語学学校を探す方も多いですね。そして現地滞在中に最もお金がかかるのが家賃や食費などを含めた生活費。ロンドン、パリ、シドニー、バンクーバーなどの大都市は地方都市と比較して家賃が極端に高いので、こうした大都市を避けることで生活費を抑える工夫をしている方も増えているようです。

こんな「節約術」を駆使している方でも忘れがちなのがワーキングホリデー保険の節約。深く考えることなく旅行会社などに勧められた保険に加入してしまっている方も多いようですね。しかし一般的な保険は年間20万円近くもするのですから、ここにも節約の余地があります。
「ワーキングホリデーと言っても渡航先や滞在方法は様々。保険を比較して自分のワーキングホリデーに合ったプランを選択することにより数万円単位で節約できることもあるんです。」と言うのはワーキングホリデーの専門家。一方で「節約しようと、保険に未加入のまま出発するとカナダのようにワーキングホリデーどころか入国さえも拒否される国もあります」とのこと。

節約できる、とはいえ難解な専門用語もあって難しいのが保険選び。そこで利用したいのが『ワーキングホリデー保険キット』。行き先や滞在期間、滞在方法、予算などを伝えることにより、40種類以上の保険プランの中からあなたの旅の計画に適したワーキングホリデー保険を紹介してくれるサービスで、スマホからも簡単に請求できます。(キットの請求は無料)
『ワーキングホリデー保険キット』で保険も上手に節約して、あなたの旅をもっと充実したものにしませんか。

ワーキングホリデー保険キット
http://hoken.whic.jp/

ワーキングホリデー費用を節約しよう

ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ