価値観の違い@カナダ

自分にとっては常識でも、ところ変われば非常識となることがあります。またその逆もしかりです。遠く離れた日本とカナダでは、もちろん価値観の違いを経験する機会も多く、そのたびに混乱したり、悩んだりすることがあります。 初めにぶつ...

lcc-ad800x150

デンマークって何語なの?

デンマークって何語なの?ってよく聞かれます。 デンマーク語だよといっても、聞いたこともないですよね。英語なら一応中学生からやってるから、知っている単語もあるけど、デンマーク語なんて聞いたことも見たこともない。しかもデンマーク語は世界一難し...

香港の大気汚染

香港ではビルが立ち並び、バスや自動車がたくさん走っています。 また、お隣中国からのPM2.5やその他の汚染物質の影響もあり、大気汚染は深刻な問題となっています。 香港での生活で天気予報と同じくして、観測所周辺と道端での大気汚...

ニュース速報・ビザ情報

イベント・キャンペーン情報

ワーキングホリデービザ格安申請代行

注目の記事

ドイツから・・・たかがお金、されどお金。ユーロに込められた願いを考える

ご存知のように、ドイツではEU統一通貨であるユーロが通貨として使われています。 EU結束の証のユーロ。たかが紙幣と言えど、配慮とこだわりがあります。例えば、紙幣に印刷されている絵。ユーロ紙幣は、5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ...
ワーキングホリデー保険を探すならワーキングホリデー保険キット

ワーキングホリデー費用を節約しよう台湾でワーキングホリデーワーキングホリデー 広告募集中フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ

EVEN MORE NEWS

ご存知のように、ドイツではEU統一通貨であるユーロが通貨として使われています。 EU結束の証のユーロ。たかが紙幣と言えど、配慮とこだわりがあります。例えば、紙幣に印刷されている絵。ユーロ紙幣は、5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロ、500ユーロとありますが(20...
ノルウェーを含む北欧は、ヨーロッパの中でも特にキャッシュレスの進んでいる地域です。 そのためノルウェーでは、ありとあらゆる物をカードで支払う事が可能です。駅のトイレから始まり、自動販売機でもカードが殆ど使用可能です。会社内の食堂などでは、カードのみ使用可能という所も珍しくありません。 財布売...
ポーランドは、EU加盟国でありながら独自の紙幣であるPLN(ズオティ)を採用しています。1ズオティ=約30円。 紙幣は10zl、20zl、50zl、100zl、200zl。 硬貨は1gr、2gr、5gr、10gr、20gr、50gr、1zl、2zl、5zl。(zl-ズオティ・gr-グロシ) ...
フランスと日本では、ユーロと円は為替で違うと知っていても、実際にフランスで生活して、初めて実感することも多いかもしれません。それでも、一つ一つの買い物で、ユーロを日本円で換算するというのは大変なので、筆者の場合は、航空券などの大きな買い物をする時や日本から送金する時だけ、為替を見て計算します。普段は...
2月に入ると、いろんなお店でsaleとかよtilbud の文字を目にします。セールとか50%オフなんて聞いたら、じっとしていられないタイプなので、お金がいくらあってもたらなーい!! デンマークは物価が高いので、この時とばかりにお買い物に繰り出すんです。といっても、食品はどうやら日本の方が高いなんて...
香港ときくと、ご飯が安く食べられる、洋服が安い!?とか思いません? 私は来港まで、そう思っていました。引っ越しのときも、ないものは現地調達しよう。きっと安いだろうと・・・。 実際には、感覚値で日本の1.4倍くらいの物価です。給料も日本とは大差ないですが、いかんせん住居にお金がかかります。給料...
さて、前回は前編として『ネット上に数あるビザ申請マニュアルがなぜあるのか』について書かせていただきましたが、今回はその後編です。 なぜマニュアルが出回るか、その目的は書かせていただきましたが、実はそのマニュアルに問題がある場合があります。つまりマニュアルの製作者がビザ代行のプロではなく、それが...
ノルウェーは物価の高い国として有名です。1NOK=13.5円(2月現在)というレートでコンビニのコカ・コーラが25NOKだと考えると日本の倍以上の値段です。これだけ見ると日本とノルウェーの価格のギャップはかなり大きいですよね。日本円に換算して計算すればほぼ何を買っても少し割高に感じます。 筆者はノ...
海外で生活するにあたり、気になるのがその国の相場ですよね。もちろん医療などは言語の面からも深刻な場合は日本で受けた方が安心です。しかし、そんなに都合良くすぐに帰国することが出来ない場合も多いでしょう。多少の風邪などは、市販の薬でも十分ですが歯科治療などになると話は別です。 急に歯が痛くなった、...
アイルランドに関わらず、海外にお出かけした際には、いちいち日本円に換算してお買い物をする人は多いのではないでしょうか? 私も渡愛当時はそうでした。・・・が、今はEuroで生活費を稼いでいるので、いちいち換金することは無くなりました。というより、逆に日本の物を買う時、EUROにも換金して買うかどうか...
今日はバレンタインデーですね。 実は私にとっては一年のうちで一番嫌いなイベントです。カップルの間で贈り物を贈りあったり、友達同士でおいしいチョコをあげあうのはいいのですが、義理チョコという慣習が本当によくわかりません。会社に勤めていた時は、会社の男性社員全員にチョコをあげなければならないという謎の...
ポーランドの冬はとても長いです。もちろん、現在2月は最も寒い月の一つといえるでしょう。毎日、気温はマイナスが当たり前で、地面も凍結していることが多く、たまに、道で滑って転んでいる人も見かけます。 12月には久しぶりの寒波が到来し、毎日マイナス20度近くまで気温が下がっていて、本当に寒かったです...
オーストラリアのワーキングホリデーにパソコンやスマホなどを持っていくケースも多いかと思います。そこで今回はこうしたディバイスを持っていく際の注意点についてご紹介しましょう。 まず持って行く予定のディバイスに付属する充電器・変圧器に注目です。オーストラリアのコンセントには230ボルト(以前は240ボ...
カナダにワーホリで渡航後、縁あって恋に落ちることもあるかもしれません。 そこで今回はカナダの恋愛、結婚観について書いてみたいと思います。 カナダは、2005年からカナダ全土での同性間の結婚が合法化されています。公私に関わらず全ての人に同じ人権、権利が認めるということで、性的嗜好による差別を法...
ノルウェーの恋愛観は、日本人からすると少し理解し難いものかもしれません。 私の周りにはノルウェー人と海外で出会って、ノルウェーに渡って来た人たちが多く、彼ら・彼女らの出身国はアメリカ、ペルー、ブラジル、コロンビア、スペイン、スウェーデン、フランス、イギリスなどなど・・・。 その中で、多くの人...
デンマークでは18歳になると自立して、親元から離れて暮らす人が多くなります。それは、学生寮だったり、アパートとだったりと人それぞれですが、50%ぐらいはカップルで暮らすようになります。 さて、カップルといえば大抵は男女という組み合わせですが、ここデンマークも同性愛者がたくさんいますので、いろん...
フランスは、あまり結婚にこだわっていないカップルが多いのは本当です。 私の周りにも、お互いに自分の仕事があり、パックス(事実婚)という結婚より軽い手続きをして、税金対策や結婚のたいへんな手続きを回避して、別れる時も簡単という共同生活をしている人が多いですね。パックスでも結婚していても、生まれた子供...
香港の恋愛は一言で言うと「なんでもあり」。国際結婚は当たり前です。 場所柄、様々な国籍の人が香港を訪れ、香港で働いています。街を歩いていれば様々な国籍のカップルがいます。そして、一部かもしれませんが、デーティングシステムを使う人も。日本人の友人はアメリカ人の男性にこれを使われ悩んでおり、欧米人だけ...
ワルシャワはポーランドの中ではぶっちぎりに大都会です。 中心部だけでも結構広く、路上駐車の料金もベルリン並でした。黒人やアジア人も多いので、スヴァウキなどのようにじろじろと見られる事もあまりありません。また、郊外には大型ショッピングモールも数多くあり、ポーランドの中でも素朴な北東部の田舎の地方から...
ビザ申請代行サポートしていると、ここ数年どんどん数が増加しているのが、「途中まで自分でやったんですが、そこから引き継いでもらえますか?」というご相談やご依頼です。 数年前はあまりこのようなことはなく、依頼をされる方は最初から、自分でされる方は最後までやり抜く、そのどちらかでした。 なぜこ...