ホーム タグ ワーホリ生活情報

タグ: ワーホリ生活情報

コロナがきて、パン作りにハマった・・・私のドイツ生活

コロナによって問題や不自由だらけの今日。渡独も今までのように簡単ではありません。不可能ではありませんが、様々な審査や手続き、さらに長時間飛行の不安も伴います。 EU内は、現在基本的に入出国OKですが、コロナの危険度レベルが高い国への行...

世界でもっとも小さな大都市「オーフス」の魅力

日本を発つ前の話ですが、「オーフスに行きます!」と話をすると「えっ?オーフスってどこ?」と必ず聞かれ、コペンハーゲンだったら話が早いのになぁと思ったことが度々あります。 確かにオーフスの人口はたったの35万人ととっても小さい!! 日本...

本音で話そう、ハンガリーでの生活って・・・

実は、ハンガリーに住む前まではドイツに住もうと考えてたんです。というのも、どこかの大学へ留学生として海外に移る予定はなかったですから、自ずとフリーランサーで生きていこうと決めてたので。 だって、ドイツは移民やフリーランスに優しい国とし...

夏が終わって、ヴィノブラニエとブルチャックの季節がやってきた!

9月と言えば収穫の季節。短いスロバキアの楽しかった夏休みも終わり、各地で開催されるフォークロア・フェスティバルも終わり、なんだか急に寒くなってから「もうこのままどんより暗い冬にまっしぐらか。。」とがっくり肩を落としかけている・・・そんなとこ...

パンデミックで見えたフランス社会の変化

コロナ以前のフランスでは、マスクをしてると変な目で見られますので、マスクなしの花粉症の季節は辛かったです。 逆に今はマスクをしないと罰金になる・・・とは言っても、フランス人は我慢強くないので、「暑いから、マスクはしたくないデモ」を起こして...

都会 VS 田舎 どちらが快適!?

さて、約1か月前からNSW州のコフスハーバーのブルーベリーファームで働いている筆者ですが、都会のメルボルンからするとだいぶ自然が広がる環境で伸び伸びと暮らしています。そして、なんとお隣のお宅ではアルパカや子ヤギがペットとして飼われています笑...

コロナで見えた、アイルランド社会の今

今回のコロナの蔓延によって、自由に行き来できるはずのEU協定内でも、ロックダウンで国境閉鎖などがあちこちで起こりました。空港のみならず、大きい道路に警察、または軍隊が出ての徹底的な閉鎖に踏み切った国もあります(その軍隊が、国境線を間違えて、...

コロナ対策で見えたデンマークと隣国との微妙な関係

デンマークが位置するところは、北欧と呼ばれるように、ヨーロッパの北に位置しています。ドイツ、スウェーデンが隣国です。実はデンマーク人、ドイツもスウェーデンも大嫌いなのです。日本もそうですよね、隣の国とは、あまり仲が良くない。 歴史的な問題...