LCC-main-4cワーキングホリデー保険(旅行傷害保険)に、新たに従来型の保険と比較して保険料が半額程度となる「ローコスト保険プラン(LCC保険プラン)」が発売され、注目を集めています。

1年間、国によっては2年間滞在することのできるワーキングホリデー制度。それを陰で支えているのが現地でのケガや病気といった際の治療費を補償する旅行傷害保険です。一般に「ワーキングホリデー保険」とも呼ばれる1年以上の長期保険ですが、ここ数年、著しい値上がりが続き、現在では1年間の補償で25万円前後と高額なものになってしまいました。
一方で、現地での医療費をカバーするこうした保険への加入をビザ申請のための条件に加えることで、保険加入を義務化する国も増えており、ワーキングホリデーにおける大きな負担の一つとなっています。

こうした状況を打開するものとして、現地での医療費の補償に特化することにより1年間の補償で約11万円からと大幅に保険料を引き下げたローコスト保険プランが東京海上日動などの協力で今年8月に開発・発表されました。
無駄を省き効率を高めることにより低価格を実現している格安航空会社・LCCの経営をヒントに開発されたプランは従来型の保険プランと比較して保険料が半額程度ながら、各国のビザ申請にも対応するものになっています。

持ち物への保険や賠償責任保険といった、日本での日常生活ではその必要性があまり意識されない範囲の保険を加える事で保険料の負担が大きくなっていた従来型のワーキングホリデー保険ですが、医療保険に特化したシンプルな「ローコスト保険プラン」の登場により、今後、ワーキングホリデーにおける負担が大幅に軽減されることが期待されます。

ローコスト保険プラン(LCC保険プラン)のホームページ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ