whnews2017年度のイギリスのワーキングホリデー(正式名称:Youth Mobility Scheme)は1月9日正午から11日正午までの48時間にメールでの応募受付が行われる事がイギリス大使館より発表されました。

応募のためのメールでは氏名や生年月日に加え、パスポート番号等の入力が必須となっていますので、応募にあたってはパスポートが必要となります。
応募が受け付けられると確認の自動返信が送られ、抽選ののち、当選者には1月18日にメールで当選が伝えられ、また落選してしまった方には20日にその旨を伝えるメールが送られる予定です。
なお、当選者は3月30日までにオンライン申請を完了し、その後90日以内に申請書類を提出する必要があります。

2017年度の申請で大きく変更されたのは応募受付が1月と7月の2回に分けて実施されること。定員数1000人は変更はなく、1月でこのうちの800人分の募集が行われると発表されています。
7月についてはその人数に触れられていないことから、残り200名に加えて、1月の募集で何らかの理由によりビザが許可されなかったケースや申請を辞退したケースなどによる定員の未消化分が加算される可能性が高いと予想されます。

なお、7月の募集に関する詳細な情報は今回の大使館よりの発表には含まれていません。

▽関連情報
イギリス大使館発表資料 Youth Mobility Scheme 2017 (日本国籍者)
ワーホリWEB イギリスページ

ワーキングホリデー費用を節約しよう
lcc-ad800x150
ワーキングホリデー費用を節約しよう 台湾でワーキングホリデー ワーキングホリデー 広告募集中 フランス専門 ワーキングホリデーのサポートならミルジョワへ